Blog / 沖縄の事

育った環境。

自分自信が生まれた環境の事を考える

自分が生まれた場所の事を考える時、自分が育った場所の事を知った時に一番びっくりした、

もともと幼い時には自分が住んでいる場所が沖縄だとは思ってなかった。w

日本地図の端っこにいる自分の出身地を見て正直信じたくなかった。

こんな小さな場所に自分がすんでるなんて思ってなかったもっと世界の中心にいると思っていた、テレビに映る風景や光景が全て自分の近くに存在すると思っていた。

自分がすんでいる場所の事をよくわかってなかった。IMG_3930

海の存在は知っていたけれど、どこまで海が続いているのかなんてわからないし、目の届く範囲に自分の世界が全てあると思っていた。

IMG_3931

その時からかな?自分が住んでいる場所のコンプレックスのような物を感じたのは。

もっと自分が住んでいる場所は都会だよ!と思いたかったのかも、でも実際には自分の周りにはそんなのはなかった、人混みもないし、スクランブル交差点もない!

小さい時にそんなのを感じていたけれどいまは多少いろんな物を見てくるとわかる、自分が憧れていた「都会」よりも素晴らしい物が自分が生まれ育った地域にはある。

image

 

実は幼い時は正直言うと海は好きじゃなかった、

怖かったのが正直なところ

昔海から上がってくる大量のカニの行列を見た事がある、小さなカニが足の踏み場もないくらいに砂浜に上がってくる。その光景を見た時はなんでこんな事が目の前で起こっているのかわからなかった。海=得体の知れない事が起こるところ。

IMG_3618 image

 

それからはしばらく海に入るのは好きじゃなかった、入る前にいろいろ考えてしまっていたからかも、海の中は広すぎるし、大きすぎて何が起こるのか想像もつかない、「見えない」事が怖かった。でも今は全くの真逆になっている。「見えない」事を怖がってもしょうがないな、と思い始めて、っていうのと慣れもある、何度も何度も入っていると慣れてくる、

慣れた頃には好きになっていた、今は少し暇があればできれば海に潜りたい、全く行けてないけれど、また水中の撮影があるらしいので近いうちに潜れるのを楽しみにしてる。

Processed with VSCOcam with f2 preset

人間見えない事を怖がっていると先が見えなくなる、でも意外に飛び込んでみると意外に大丈夫だったりで怖い物って案外自分が勝手に想像して作り上げてる物も多いのかも。

潜り始めたのもこの2年間の間だし、それまでずっとダイビングなんて考えてなかった、した事もなかったし、やろうとも思ってなかった、でも今はわかる、

俺が伝えることによってその場所、風景や、自分が見てきた物、聞いたこととかいろんな物を伝えることができるようになったらいいな!

育った環境のこと意外に知らないから伝えることで学ぶことも多い。

Comments

comments