Blog / MADE INOCCUPIED JAPAN

負の遺産から生まれる物

ただの一つのラゲッジブランドとしての存在として考えるには、背景にたくさんのストーリーがあるブランドだと思う、長い年月をかけてその場に存在し、一定の用途を満たし、たくさんの軍人に使われ続けてきた、その存在はこれから先もこの物自体が存在し続ける事で多くの人へ起こった物事を伝えて行く力があると感じている、

IMG_1151

古い物がいくら好きでもこんなに集めるのも正直、部屋中が独特の匂いが充満したり、たくさんの物に溢れる生活を余儀なくされてしまったりする、

軍物の倉庫にひっきりなしに通っていた。

いつも行くと、知ってるおじさん、おばさんに案内してもらいながら、たくさんの箱の中や野ざらしの在庫の中から探し出す。

IMG_2236

商品なのか?何なのか?もわからないような山のように積まれた軍服等、何に使うのか?用途もわからないような物もたまにある。

IMG_2233

 

IMG_2232

倉庫の中を宝探しのように、かき分けて探す。

IMG_1440 IMG_1079 IMG_1477 IMG_1445

 

大量の軍物から生み出される作品を元に自分の思いを込める作業を続けてきました、沖縄にある負の遺産を平和へのメッセージと歴史を伝える商品として広く色んな人が使う事の出来る日用品として作り変えていきたい。

そう思ってずっと作ってきました。

今は頻繁にスタッフが軍物の倉庫と工場を行き来する毎日を送っています。今度9月の中旬に発売する新しいBAGラインの「GRA_CHIC」では日常のように僕らが軍物に触れていることで必然的に軍物のディテールに詳しくなっていたのでそこから着想したビジネスバッグラインを立ち上げリリースします。
藤巻百貨店 GRA_CHIC グラシック

新しいラインを作り上げるのに色んな苦労はありましたがたくさんの方に使っていただきたいと思っています。

原点であるこのバッグラインも随時リリースしていきます。次回の企画にはまた別なMOJのラインを見せることが出来ると思います。いま考えているのは沖縄のように軍が駐屯していたり、軍が身近にある地域には同じように軍物の卸問屋があります、世界中から集めた「負の遺産」を沖縄に一度集め日用品に変えて行く、その活動をするのもいいな!と思っています、世界各地に行ったり、戦地に行ったり、自分が作る物のメッセージをより強く発信していきたいと考えています。

あえて自ら足を踏み込むことで見えてくる物がある、それを見つめるために多くの場所に行く必要を感じている。損な性格、回りくどいことをしてしまう俺の活動にもうしばらくお付き合いください。きっといい物を伝えることが出来ると思いますので、、、

MADE IN OCCUPIEDJAPAN


MADE IN OCCUPIEDJAPAN

 

写真をクリックすると商品を購入出来るページへ移動します。

MADE IN OCCUPIED JAPAN

Comments

comments