Blog / 物を作る

普段見ている風景を形にする

ショーに向けてのコレクションのサンプルを続々と製作中

どんどんと出来上がるものたちの中に仕上がるもののクオリティと自分なりのメッセージを込めていきます、

IMG_5917

今回のコレクションは秋冬での展開なので苦手分野。沖縄で過ごしていると必然的に春夏のほうがイメージをしやすくなる。

南国というイメージと自分の生まれた環境を反映する事が出来るから。

でも南国にも冬はある。意外にこの時期は気温が夏よりも低い事と風が強いので体感する気温は意外に低い。この前は沖縄でみぞれが降ったばかりだ。

普段見ている風景に雪が降る瞬間を見たい、自分が見慣れた南国に雪が降る事はとてもめずらしいことなのでとても想像しにくい。

作品の発表に向けてどんどんと仕上がって来るものたちを見ながら、毎回、毎日、自問自答をする、この瞬間に出来る最高の事をやりたいし進めていく事で後悔はしたくないと常に最高の判断をしていきたいと思って行動している。全てが経験した事のある物事じゃない事も多いため、さらに突っ込んで進むためには毎回壁にぶち当たる。

思っていたものと違うものが仕上がったりする事も多々ある。製作してくれたスタッフや、サンウルを作ってくれた方には申し訳ないけれど、どんどん元の形から変わっていく事も少なくない。何度も何度も修正や議論の繰り返し。自分一人で作っているものではない。でも自分が作らないといけない事もある。

はじめに見ていたものなんて今の形の半分もない、やりながら見えてきた問題をクリアにしながら進んで、また壁が浮かび上がって、クリアしてまたさらに進んでの繰り返しで見えてくる。IMG_5920

今回はいろんな人と仕事をしている。今まで関わってきていない人、これから関わりたい人。そして関わったらどんな事が起こるのかわからないのでワクワクするような人、関わるのが怖かった人。どの人に対しても共通する事は「新しさ」を見出したかったから。新しい事に挑戦してみたかったから。とてもやり方がうまいとは言えないけれど、やってよかったと思えるように。

そこだけに向かって突き進む日々。

ただ毎日を消費するような日々とは正反対の身も心も削りながら走り抜く日々。

ダメな人は1年も保たずに、耐えられずに「やってられない」と言って姿を消す人も見てきた、どんな理由にせよ継続する事ができない人の多い世界が身近にあると心身の環境も変わって来る。

 

Comments

comments