Blog / MADE INOCCUPIED JAPAN台北台湾嘉数 義成(かかず よしなり)

台湾での展開の始まり

先日2月28日に台湾でイベントを行いました。

この半年間のうちに数回訪れた台湾は気候もとても沖縄に似ていて過ごしやすい気候。

今回のイベントの会場は20世紀初頭の日本統治時代のバロック建築が色濃く残る。時代の流れをとても感じられる場所で、昔は「大稲埕」と呼ばれていました。いまは「迪化街」という台北市内の商業地にあるショールームの「大稲埕41」にて開催しました。

 

你好の伊禮さんに紹介してもらったクリスとの出会いから始まったスーツケースに入れてあった服、カバンのサンプルをみて二つ返事で「やろう」と言ってくれてから3ヶ月ほどでした、スピード感のある刺激的な期間でしたが台湾の人たちに見てもらいたいと思って計画を進めていました。

台湾での展示会に4、5年ほど前に参加してから台湾での展開は取引先との会話程度でしたが今回はリアル店舗での展開をさせてもらうことになりました。最初は1、2日程度の相談でしたが、3ヶ月のロングランでのイベントに発展、5月28日まで行います。

沖縄から台湾は飛行機では1時間程度で到着するので近い印象があります、でも海を越えて一時間圏内に存在する外国です。いろいろな部分で日本と違います。台湾でのイベントや取引に関しては通関の業者にいままで依頼していたが、今回はギリギリまで製作している商品もあったので通関手続きから全てを自分で経験した…

手続きがうまくいかずに空港に取り残されキャンセル待ちでほぼ一日中空港にいる搬入日には前日の徹夜もありながらヨタヨタとあるいて入国…今回はとても勉強になった。

設営はいろいろな方にお手伝い頂き前日に搬入、

琉球藍の商品と軍モノのバッグラインを持って行きました。

当日にはとても沢山の方々にお越し頂きました、東京からも応援に駆けつけてくれたGALCHEFの高木さんは会場で沖縄の食材を使用した料理をふるまってくれました。感謝

全く知名度も無いですが関係者からの呼びかけ応じてくれてメディアの取材も受けさせて頂きました。後日メディアでの掲載情報は公開いたします。

昔台湾で展示会に参加した時に取材してもらったメディアも取材に来てくれた。再会しても覚えてくれていたので嬉しかった。

クリスが台湾で展開する木工の時計を琉球藍で染めた。3ヶ月のロングランのイベントなので会場で見ることが出来ます。一点一点染まり上がりが変わるんので二つと出来無い商品ですがサンプルで作ってみたら好評のため沖縄に戻ってオーダーをいただいた商品を染めます。

イベントが終わり翌日には追加での取材を受けました、後日こちらもお知らせいたします。

オーナーのクリス、シャンパーニュ地方で自身のブランドのシャンパンを作り展開するやり手の台湾人。徹夜明けの寝癖のついているボサボサ髪の俺。

3ヶ月間の間お世話になります。初日から好評いただいています、琉球藍の商品やBAGなどいろいろと並べています、クリスは事前に沖縄に見に来てくれていた、その時に「沖縄から持っていくモノでいい商品なのはわかるけど分かりやすさも重要」いま取り組んでいる事も伝えやすい商品を持ってくるように話していたのであれこれ悩みながらもスタートを切る事が出来ました。

3ヶ月間の間に台湾へ何度か足を運ぶ形になります、その際には別な商品も持っていこうと思います。

また台湾でお会いしましょう。

2月28日から5月28日までの間「 LEQUIO」「MADEINOCCUPIEDJAPAN」を
期間限定で「大稲埕41」にて販売いたします。

店舗の詳細

大稻埕41
住所 : 台北市大同區涼州街41號
営業時間:週一至週五,10:00~18:00
週六,13:00~18:00,週日公休
電話:02-2552-0616

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

Comments

comments