News / LEQUIOMADE IN OCCUPIED JAPAN

ヤンバルアートフェスへ出展いたします。

 

沖縄の北部ヤンバルで行われるヤンバルアートフェス

クラフト部門ではディレクターに熊谷隆志さんを迎え廃校舎を生かした期間限定ショップがオープンいたします。

LEQUIO,MADE IN OCCUPIED JAPANでの参加となりますので是非とも期間中お立ち寄り下さい。

 

やんばるの原風景で育む、
アートのタネ

亜熱帯の森、マングローブ、珊瑚礁、希少な生き物たちが息づく沖縄北部地域「やんばる」は、
原始的な風景の残る、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれる神秘的なエリアです。
そこには手技や工芸、祭祀芸能や食など、独自の文化が古来から守られてきました。
そんなプリミティブな地・やんばるを舞台に、アートフェスティバルが初開催されます。
一堂に会すのは、現代アートやデザイン、映像、音楽、そして島の伝統的な織物や陶芸など。
沖縄の奥地に広がるスピリチュアルな空間で、現代作家の想い、
何百年も続く文化、そして何千年も続く自然を体感する。
そこであなたを待っているのは、時空を超えた創造の旅です−。

未来に運ぶね、アートの種
ミライにはこぶね、アートの種

「やんばる」と呼ばれる沖縄本島の北部地域には、
亜熱帯の森と珊瑚礁の海に代表される豊かな自然と希少な生き物たち、
地域の暮らしに根づいた手技や工芸、祭祀芸能などの伝統文化が息づいています。

それらは、沖縄が世界に誇れる琉球固有の芸術であり、
現代人が失いかけている想像力(イマジネーション)を呼び覚ます、
あらゆる創造力(クリエイティビティ)の原点=「アートの種」です。

「やんばるアートフェスティバル2017-2018 ~ヤンバルニハコブネ~」は、
やんばる地域にある廃校を「ハコブネ」に見立て、
地域にあふれる「アートの種」を発見、体感、創作、発信、共有することで、
失くしてはならない島の宝を次世代へ、未来へと運んでいくことを目的にしています。

 

 

 

やんばるアートフェスティバル2017-2018 ~ヤンバルニハコブネ~

開催期間2017年12月9日(土)~2018年1月8日(月)

会場

大宜味村 大宜味村立旧塩屋小学校(施設営業時間11:00~19:00)※2018年1月1日は定休日※毎週火曜日はメンテナンスのため定休日大宜味村立芭蕉布会館
国頭村 オクマ プライベートビーチ&リゾート
本部町 海洋博公園
名護市 なごアグリパーク・美ら島自然学校・名護市民会館前 アグー像

 

 

Comments

comments